一緒に生きていくということ

人の人生を背負うってすごく重いことだ。

本当なら当たり前に結婚して、仕事も辞めて、子供も産んで。
そういう風に生活してたはずの人だ。
あたしが狂わせてしまったと思うと、体が芯から震えてくのが解る。

抱えてたコンプレックスを話すのが、どれだけ重かっただろう。こんなに真摯に向き合ってくれてる人に、あたしはまだ嘘を吐いている。見栄を張っている。卑怯すぎる。
ちゃんと向き合わなくちゃいけない。嘘吐いてごめんなさいって、謝らないといけない。

勉強しなおすって言うなら、一緒に頑張りたい。
あたしもちゃんと、一人で…じゃないか。男の手を借りなくても自立して生きていけるように、勉強をしたい。

話してくれてありがとうと思う。
だけど、本当に、これでいいんだろうか。
人一人の人生を狂わせるだけの価値が、あたしにあるんだろうか。

幸せだった時間の記憶が消えればいい。
あの人と会った、あの人と過ごした、その事実も記憶も全部消えてしまえばいい。
そしたら笑えるのに。心から笑えるのに。
張り付けた笑顔が苦しいよ。

あの人がいない。
どこにもいない。
あの時どうしてもっと気持ちを伝えておかなかったんだろう。
後悔したってあの人は戻ってこない。
もういない。
いない。

同じサークルの仲間の間で恋愛模様が交錯したとして。
告る前に「お前に振られたらやめる」って言う人と、
告った後に「お前に振られたからやめる」って言う人。
どっちがマシなのか。


どっちもね、駄目だと思うんだけどね。
私は絶対嫌だけど、そういうの。
好きな人を苦しめることだよね、そういうのってさ。
そんなのって自分本位だよね。
好きな人を苦しめて何が楽しいのか、って話。


友達がそれでいっぱい苦しんだ挙げ句、自分がやめていった。
友達を好きだった人は、それで満足できるんだろうか。

明日、っていうか今日か。
久しぶりにお泊り。
うん…恥ずかしい(笑)
恋人、って関係になってから初めてのお泊り。
恥ずかしいなぁ。


部屋の掃除はしたよ、って。
そんな些細なことで幸せになれる。
愛してるって思う。
胸がいっぱいになる。
好きで、好きで、本当に大好きで。
今までしてきた辛い想いも無駄なんかじゃなくて。
愛してる。恥ずかしくない。心から思える。言える。
こんな風に好きになれて嬉しい。

あの人がやさしい。
それだけでしあわせな気分になる。
もう秋で、北海道にはすぐ冬が来る。
それでもこんなに温かい気持ちになるんだ。
好きって気持ちは不思議だね。
5ヶ月の片思い。
これから先で、その間にいっぱい泣いた涙の分しあわせになりたい。
本当に、もう死にたいって思うぐらいの思いでたくさん泣いた。
次の日目が開かないぐらいに泣いた。
でもそれもまた、今のための糧だったんだよね。


しあわせになりたい。
あの人と二人で。

付き合うことになりました。
「俺ら付き合おっか」って告げられた瞬間に涙出てきて、うーって唸ってたら茶化して「俺の恋人になりませんか?」って手を差し出してくれました。
「今なら先着一名様にもれなく」なんて言うんだもん。
ぎゅっと握ったあの人の手が冷えてて緊張してるのわかって、それから照れてるのもわかった。表情で。
好きだよ、なんて冗談じゃなく言ってくれる日がくるなんて。
涙でぐちゃぐちゃになってたら、呆れた顔で抱き締めてくれた。
ありがとう、って言ったらおめでとう、だって(笑)
ばかな人。


大好き。
好きすぎて死んじゃえるぐらい、好きで堪らない。